活動報告

就労支援活動の一環として様々な活動を行っています。

2014年「ハジメの半歩」★集中訓練プログラム終了★

2014.12.01


「自分らしく生きる、新しい半歩。」


はこだて若者サポートステーションでは、9月16日~10月17日にかけての22日間
若年無業者等集中訓練プログラム「ハジメの半歩」を函館で初めて開催しました。

「働きたい」、「希望を見つけたい」、「自信をもちたい」、「生活力をつけたい」
「仲間をつくりたい」、「地域のために何かしたい」というそれぞれの想いを実現するため、
この22日間のチャレンジに4名の若者たちが集い、それぞれの半歩を踏み出しました。

「ハジメの半歩」は就労支援プログラムとして、「人とつながる、地域とつながる」をテーマに
市内西部地区の西端に位置する弁天町を実習の主な拠点として、
様々なプログラムを実施。

期間中に実施した主なプログラムは、

○職場体験:創業50年になる弁天町「たけだストアー」様の協力のもと、
         惣菜づくり、パック詰め、買い物支援、宅配サポートなど地域に密着した働き方を
         存分に学ぶ機会に。


処理済~s-職場体験9.bmp処理済~s-職場体験.bmp



○社会参加訓練:コミュニティワークの一貫として、弁天町会の協力のもと、地域の暮らしを
          支える町会のお手伝いや高齢化の進む地区のために若者を呼び込む
          お手伝いをしたいという彼らの想いからまちあるきの達人こと
          田村昌弘様の協力を得て、日々、弁天町を歩き、インタビューや取材を重ね、
          地域資源のマップづくり(鋭意編集中)を行いました。


s-社会参加訓練6.jpg処理済~s-合宿4.bmp
            

その他、就職活動講座・ビジネスマナー、自己管理講座、体力向上講座、コミュニケーションワークなどを行い、
期間中、4泊5日の合宿を通じて共同生活も行い、「働くこと」についてはもちろん
同じ釜の飯を食べながら、それぞれの夢や人生などについてたくさん語り合いました。

プログラム初日、彼ら自身で考え、決めた参加10ヶ条。
一日一日を大切に、精一杯生きる。そんな彼らの意気込みです。


ourルール.jpg



22日間の様々な実体験。
毎日の振り返りでのコメントをいくつか紹介したいと思います。

======================================

「たけだストアーの社長はじめ皆さんが、地域の人を大切にしていたり、
 仕事に対して熱心なのが言葉より姿勢で強く感じることができました。」

「レジ担当や惣菜コーナーとか色々分担して大変だけど、
 忙しい時は助け合ったりしてすばらしいと思った。」

「肉屋の達人が、若い頃には厳しい教育をうけて、
 一人前になったというお話を聞いて仕事への熱意やハングリーさを感じた。」

「家の祖母が「珍しい種類の美味しいな梨(差し入れで頂いたもの)だった」と
 言っていたように、他にも店員の方々の人柄が素晴らしいように、
 そういった商店の魅力が発見できて、感慨深かった。」

「たけだストアーの社長さんが焼き鳥を焼いている背中から、
 言葉はなくとも優しくてあたたかい雰囲気に圧倒されました。」

「弁天町の町会館の窓ふきや合宿の料理づくりをして思いましたが、
 最初は誰もが分からないだらけだけど、覚えればどんな仕事も就けると
 思いました。みんな頑張ればむくわれるのです。」

「弁天町の皆さんが町の話をしている時にスマイルで楽しそうに
 話しているのが学びになりました。」

「町歩き中、すれ違う人と挨拶したり、景色が良い所で昼食を
 取ったりと生きてるなーとすごい感じました」

「函館山登山の山頂近く、みんなと大声を出し、やまびこを出した事が
 印象的でした。やはり大声を出すには勇気がいるし、大変ですが
 みんながいるし声を出しスカッとしました。」

「夕飯の時、早く食べ終わったので、皿を洗ったり、テーブルを拭いたり
 チームワークを発揮できたと思う。」

「4泊5日の共同生活をして料理をしてわかりましたが、自分から率先して
 物事をしたり、もう少しハキハキと元気に喋ったり笑顔でいれば、
 忘れても助けてくれ、そして助けてくれた事への感謝していけば、
 そして何より人を恐れなければ、就職できると思いました。」


「半歩を勇気を持って踏み出す。俺ならできる!!」

======================================

22日間のチャレンジを経て、彼らが口々に言っていたこと。
それは、感謝の気持ちを忘れずに。


処理済~s-IMG_3596.bmp


自分は一人ぼっちではない、お互いの違いや存在を認めてくれる人は必ずいる。
地域で働く、生きることはだれかとつながり、支え合いながら生きることなんだということを。
常に感謝の気持ちを忘れずに、半歩づつ生きていけばいい。

そんなことを自らの行動を通じて出会った人たち、地域から学んだ彼らの表情は
とても晴れやかで、力強く、ちょっぴり頼りがいのある顔つきになっていました。

たけだストアーの社長が焼き鳥を焼きながら、若者たちへ伝えたメッセージは
確かに若者たちへ伝わったようです。

「君らが次の社会を創っていくんだ。よろしく頼んだぞ。」

人とつながる、地域とつながる、行動を通じて、
「働く」、「生きる」を体感し、地域の一員として就労していけるプログラム。

引き続き、そんな「若者」も「地域」も元気になるプログラムを開催し、
みんなの半歩を応援していきたいと思います。


処理済~s-合宿16.bmp


(スタッフ おざき)


<フォトギャラリー>

s-職場体験3.jpg処理済~s-職場体験8.bmp処理済~s-職場体験11.bmp
処理済~s-職場体験2.bmp処理済~s-職場体験7.bmp処理済~s-職場体験13.bmp
処理済~s-職場体験5.bmps-職場体験4.jpg処理済~s-職場体験12.bmp
処理済~s-職場体験10.bmp処理済~s-職場体験14.bmp処理済~s-職場体験15.bmp
s-職場体験18.jpg処理済~s-IMG_3430.bmp処理済~処理済~s-社会参加訓練.bmp
処理済~s-社会参加訓練2.bmp処理済~s-社会参加訓練3.bmp処理済~s-社会参加訓練5.bmp
処理済~s-就職講座.bmp処理済~s-就職講座2.bmp処理済~s-職場体験16.bmp
処理済~s-合宿2.bmp処理済~s-合宿3.bmp処理済~s-合宿5.bmp
処理済~s-合宿6.bmp処理済~s-合宿9.bmp処理済~処理済~s-合宿10.bmp
処理済~s-合宿18.bmp処理済~s-合宿20.bmp処理済~s-合宿19.bmp
処理済~s-合宿12.bmp処理済~s-合宿13.bmp処理済~s-合宿11.bmp
処理済~s-合宿17.bmps-合宿14.jpgs-合宿15.jpg



活動報告の一覧へ戻る

ページトップへ▲