活動報告

就労支援活動の一環として様々な活動を行っています。

1/15シゴトの道具箱マスメディア編

2013.01.16

1月15日(火)

就トレと居場所の日でした。処理済~s-DSCN7801.jpg

今日の就トレはプランナー田村昌弘さんによる「シゴトの道具箱」9回目!(回目は←コチラ)

『マスメディア編その1』です。

2013年の年明け一番のマグロの初セリの話題から・・・TV,新聞、雑誌などなどのマスメディアと広告の関係についてお話しいただきました。

自分たちに与えられている情報にどんな意味があるのか、ちょっと批判的に考えてみることが大切ですね!

最後の質疑応答では、利用者さんから、「これからは信頼できる個人からの情報が重要になってくるような気がします」という意見が出たり、みなさんとっても関心を持たれるテーマでした。

その他の感想には・・・↓
「マスコミが発信する情報をそのまま理解するのではなく、自分で考えていかなきゃならないという事がわかったので良かったです。」

「以前からテレビ、新聞などの情報はウラがあるとおもっていたのですが、広告も含め何があるのか考えることは興味があるので、とてもいい知識を得ることができました。田村さんの講義は今後もぜひとも受けていきたいです。」

「広告についての鋭い洞察をもとにしたお話がとても勉強になりました。しっかりと自分で考えて、物を見ていくのが大切だと思いました。ありがとうございました。」

「今日の「シゴトの道具箱」むずかしかったけれど・・・とてもためになりました。たくさんのマスメディアの中で自分で信じられるものを見極められるようになりたいと思いました。」

DSCN7805.JPG s-DSCN7806.jpg s-DSCN7809.jpg

就トレ後の居場所では、まち歩き組と居場所でお留守番組に分かれて過ごしました。

冬の西部地区をゆったりお散歩。
カールレイモン歴史資料館でおいしそうなハムを眺めたり、まちづくりセンター東北以北最古の手動式エレベーターでタイムスリップ体験をしたり、レトロなビリヤード場に食いつく方がいたり、日本人が乳製品を食べる習慣がないときからチーズやバターを取り扱っていた商店で異国のビールを買ったり、さいごは
道路で配られている「合格祈願!滑り止め砂」をいただいて帰ってまいりました!

寒かったけど、身近なまちにいろんなおもしろさがあることを発見!また歩きましょ~う。

(スタッフそめき)





活動報告の一覧へ戻る

ページトップへ▲