活動報告

就労支援活動の一環として様々な活動を行っています。

6/30はこサポ2周年記念行事☆

2012.07.02

はこだて若者サポートステーションが開設し、お陰様で2周年を迎えました☆
2周年記念ちらし.jpg
快晴に恵まれた6/30(土)、当日受付で参加された方もたくさんおり、定員を超える総勢約80名が会場に集まりました!
ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。

第1部基調講演では、講師に我がサポステの専門相談員であり不登校相談情報センター南北海道代表であります野村俊幸氏が『不登校・「ひきこもり」への関わり方』を講演。野村氏自身の体験をもとに不登校を問題行動と考えてしまうことによって事態を悪化させる場合が多く、まずは焦らず子どもが元気になること、学校が「目的」ではなく「結果」」のひとつと考える大切さを語っていただいた。また「ひきこもり」支援ということではひきこもることの意味を本人にとって必要なプロセス、大切な時間ととらえ、当事者を追い込まないことが大切であることを強調し、社会福祉士の立場からソーシャルワークによる総合的な支援の方法などをお話していただきました。最後は野村氏の美声を聴かせていただき、終始和やかなムードで行われました。野村相談員、本当にありがとうございます。

第2部はサポステお馴染みのアイスブレーキングからスタート!今回はスタッフの掛け声に合わせ、ジェスチャーを行うゲームです♪このゲームのポイントは、「元気に声を出す!」「恥ずかしがらない!」「感情を込めて!」です。
年齢や生まれ育った環境によってジェスチャーが違い、面白かったですね~。会場のみなさんの生き生きとした表情や様々なジェスチャーを見れて楽しかったです♪

第2部後半は、活動報告&パネルトーク:「サポステってどんなところ?」を、スタッフ岡田が進行のもと、斉藤瑞氏(専門相談員)と田中透氏(利用者)がパネラーとなってお話しました。
田中さんの視点からサポステを利用して感じたことを素直にお話いただきました。田中さんはどんな場所でも自分が心から楽しむ事を大切にしているので苦手な事には気持ちをプラスに変えて過ごしたり、自分が人のためにできる事を考えて行動する事も大切にしているとお話していました。いつでもプラスには難しくても、日々の努力や意識で変われた事がいっぱいあると振り返っていた田中さんの姿に、勇気をもらえた方もいたのではないでしょうか。

第3部は個別相談またはグループ相談タイムを設けました。
サポステ利用者のみなさんは、いつもの「居場所」のように、ゆったりと過ごされていましたね☆

今後とも、スタッフ一同全力で若者の社会参加を支援します!
今回のフォーラムに参加できなかった方でサポステについて知りたい方は、お気軽にお問合せください!
DSCN7855.JPG s-DSCN7871.jpg s-DSCN7890.jpg DSCN7885.JPG 

(スタッフ おかだ・みしま) 

活動報告の一覧へ戻る

ページトップへ▲