活動報告

就労支援活動の一環として様々な活動を行っています。

6/26就トレ伝わる伝え方

2012.06.27

6月26日(火)s-DSCN6362.jpg

就トレと居場所の日です。
やーーーっと、快晴!気持ちよく晴れました♪

さて、13時からの「就トレ」テーマは「伝わる伝え方」。

恒例の「昼礼」でウォーミングアップをしたあとは、お久しぶりの「話す・聴く練習」。今日は、少しいじわるな「聴かない練習」も☆☆「聴かない」ことに集中すると、本当に聞こえないようで・・・みなさんとてもやりにくかったようです(^^;)

後半は、函館が特集されたある映像を見て、メディアとして「伝え方がうまい!と思うポイント」について書き出していただき、みんなでシェア。十人十色の視点があって興味深かったですね!

十人十色といえば、今日の昼礼のお題が「行ってみたい国(地域)」だったのですが、
なんと、参加者(見学者のぞく)ぜーんいんが違う国を答えました!!
ドイツ、イタリア、イギリス、フランス、スペイン、フィンランド、アメリカ、ハワイ、モロッコ、韓国、中国、ロシア、ドバイ・・・アジアやアフリカ、中南米は少なかったですが、全員が違う国だってHIF(国際交流センター)的だなぁとスタッフは大喜び(笑)

s-DSCN6363.jpgさて。
居場所では、いいお天気の西部地区を"ハッピーお掃除お散歩"!
ゴミ袋とヒバサミ、軍手を持って練り歩きました。さまざまな宗派の教会を訪ねたり、イギリス領事館の早咲きのバラを鑑賞したり・・・のんびりすごしました。

感想は↓
「伝えるというのは、自分がただ納得すればいいモノではなく、聞いている人にどのように持っているのか改めて大切に思えました。他のものと比較することで、何が違うかという所がわかってきた気がします。伝えるのは、聞く人に、どのようなキョウミをいだかせるのが、やはりなかなか難しいので、話す方もどのように話していけばいいのか悩んだりします。」

「話を聞く側と話す側、伝える側はお互いに興味を持たないとなかなか伝えることが難しいので、それを今日改めて体感(?)した。」

「函館の建物の様式、歴史について知らない部分も沢山あったので勉強になることもありました。要塞だった場所は初めて知ったのですが、興味がでてきてしまいました。」



居場所の雑談の中でも、「伝える・伝わる」はみんなにとって重要なテーマだという話題に。今後の就トレでもじっくり取り組めればいいですね。



(スタッフそめき)

活動報告の一覧へ戻る

ページトップへ▲