お知らせ

はこだて若者サポートステーションからのお知らせです。

2/27ソーシャルファームのお話

2011.02.23

チラシでご案内していたお話会です。

詳しくは→コチラ


2011.2.27(日)ソーシャルファームの時代がやってくる~宮嶋望・京子さん

shintoku_img02.jpg

農業×福祉×雇用
ソーシャルファームの時代がやってくる

障害者、ニート、刑余者、ホームレスなど一般の労働市場で仕事を見つけにくい人の働く場として「ソーシャルファーム」が注目されている。1970年代にイ タリアで始まったソーシャルファームは、今はヨーロッパで1万社を越え、10万人近い雇用を生み出している。ソーシャルファームとはどのようなもので、ど うやって仕事をつくり出しているのか?様々なハンディのある人とともに働きながら、ビジネスとして収益を上げていくことがなぜ可能なのか?今、日本の中で ソーシャルファームの最先端をゆく共働学舎新得農場の宮嶋望・京子氏が語る。

■日時:2011年2月27日(日)14:00~15:30

■場所:財団法人 北海道国際交流センター(HIF) 
■定員:50名(定員になり次第締切)■参加費:無料
(終了後、宮嶋望・京子氏と共働学舎新得農場のクッキーやケーキをいただきながら茶話会の時間をとります)
■主催:財団法人 北海道国際交流センター(HIF)

お知らせの一覧へ戻る

ページトップへ▲